ソメイヨシノ(桜)が開花してきました!いざ!!📷

クルマのよくわかるホイールのお勉強

僕は今、SUBARUのBRZというクルマに乗っています。
アレやこれやパーツをつけている最中にふと思いました。
ホイールって見た目重視だけど、細かいことあまり良く知らない…。

タイヤサイズといえば
 215/45R 17
とかがタイヤ側面に書いてあり215(幅)45R(扁平率)17(インチ)ということは知ってましたが、正直ホイールについては全然知りませんでした。

ただ、勉強しようと思った理由は、

御覧ください、クルマが好きな方なら気が付きますよね、ホイールの側面!
平べったいか反っているか!これはホイールのリム幅(ホイールの太さ) がハブ(ボルトの部分) からかなり出っ張っているために反り返るということです。
ある意味美学的な印象を持ちます。
ホイールのメーカーページでは、このハブボルトの形状とホイールの幅だったらこれくらい反りますよ~と記載されていますので、よく確認しましょう。

僕は反っている方が好きなのですが、友人はホイールはどれも同じものだと思っていたようで、わかりやすくリストにしました。

①リム幅(インチ幅)
 太いタイヤを履きたいときはここに注目!
②フランジ形状
 ”JJ”もあるらしいけど大半はJですので気にしなくて大丈夫です
③リム経(インチ)
 いわゆるホイールサイズと同じこと。
④オフセット(ミリ)
 ディスクのホイール取り付け面がリム幅のセンターにあると±0
 外側の場合はプラス、内側の場合はマイナス
 純正ホイールと比較してこのホイールの出っ張り具合を比較するのに参考に。
⑤ボルト穴数
 これ間違えるとホイールがクルマに付きません(笑)
⑥P.C.D.(単位はミリ)
 ピッチセンターダイアミターの略で、ボルトの同心円の直径
  これも間違えるとホイールがクルマに付きません(笑)

ドンピシャのホイールがみつかると、フラットな面、通称”ツライチ”も実現できます!

クルマによって最適なサイズ、リム幅は変わってきますので、タイヤショップや同じクルマに乗っている方々に聞いてみてもいいかもしれませんね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です